kb118

BACK

仏陀立像

クメール美術(タイ) ロッブリー様式 13世紀
材質 青銅 高 24cm (展示台含 @メタル 33cm A木製 25.5cm)桐箱 

日本では鎌倉時代初期、クメール美術のバイヨン期〜ポスト・バイヨン期初期の
仏陀立像です。

現在のタイ国ロッブリーからコラート地方は、11世紀〜13世紀末にかけてクメール
王国の支配下であり、この地域で、製作又は出土したクメール美術作品をロッブリ
ー様式としています。

秀逸な作品で、瞼を閉じた尊顔は慈悲と仏の内面世界を表現し、両手を胸の前に
上げ、掌を正面に向けた印で、「恐れなくてよい」と衆生(しゅじょう)の恐れの心を
取り去って救う施無畏印(せむいいん)を結んでいます。

仏陀は通常装身具を一切身に付けない姿で表現されますが、クメールでは装身
具で荘厳された仏陀を王と重ね合わせた独自の信仰から、この作品では肉髻に
円錐形のムクタ(宝冠)を被せ美しく宝飾された首飾りと垂れ飾りのついた帯飾り
で荘厳しています。

大衣の薄い衣を透して見える身体は優雅な線で表現され、袖口から裾へ垂下す
るラインは美しくバランスの取れた姿と裾の表現など、端正で作品の質は高く、魅
力ある大変美しい仏陀像です。

メタル(金属)と、桐箱にそのまま納めることの出来る木製の展示台との2種と桐箱
が付属します。